今回の「僕の見た秩序。」のイベント。その名は


「僕秩トークライブ5 〜集めろ!ダサいもの〜」


ヒカリカエル 画像は本文とは関係ありません

ダサいと言っても中二的ダサさや流行遅れのダサいなどありますが、
「ヨシナガさん的なダサさ」とはなんなのでしょうか。気になるところですね。

今回は「来場者がダサいものを持ち寄って交換する」という企画もありました。
そのあたりは戦利品とともに最後にまとめて紹介します。


特に混乱も無く入場しました。


会場

場内満員です。
ぼくいぬ。だけでなく、ちんすこうのぬいぐるみもあります。


ちんすこうぬいぐるみ なんかくーわせろー(セリフは想像です) 

これもそのうち商品化されるのかなぁ。

そんなことを考えているうちに、イベントが始まりました。
ヨシナガさんが登場し、パソコンの設定をしながらのやりとりで
今回の準備もギリギリだったことが語られました。

ただしネタの準備ができていなくてギリギリという意味ではなく、
ダサいものへの愛着が強すぎて盛り込みすぎて
時間内に終わるかわからない
という意味のようです。
………。

ゲストで登場した大住さんも前日に事故って病院帰りとのことで、
違った意味でギリギリみたいでした。


今回は、入り口で楽器が配られていました。


あかちゃんのおもちゃ 楽器?

他にも
・三方巻鳥(鳴らない)
・回数カウンター(笑った回数がカウントできる)
・ラバーカップ(床に押し付ける)
が紹介されておりましたが、楽器?楽器なの??
みんなで鳴らしたら会場全体がダサい空気に包まれたのは言うまでもありません。
「みんなで力をあわせて演奏するブレーメンの音楽隊的な」感じというコメントもうなずけます。

スライドでダサいもの紹介
スライド上では「ダサい」は「素敵なもの」と表記されていました。
結局言っていることは同じようなものですが。
・親が書いたパンダが「ライ麦畑でつかまえて」のピカソが描いた表紙に似ているとメールが来る。
・しかし「絵は遺伝ですね」というメールもやってきてへこむ。
・偽コンビニで、にくまん類のちゃんとしたPOPを貰えず手書きで頑張っているのに涙。
・広告ゼロで走れば走るほど赤字になる都営電車。
・ガチャガチャになったホワイトバンドが罰当たりっぽい。

イカリング イカリングもよろしくね!

注目は伸びるビル。
以前も工事中のビルを半年分撮りためた写真をアニメーションして伸びていく様子を見る
というネタが紹介されていましたが、今回はなんと一年と二ヶ月分。
土台ができてシートが外れるまでの流れに、会場にどよめきが起きました。
あと、下であるある探検隊のネタの練習をしている中学生達の映像に笑いが起きました。
毎度のことながら、よくこんなの撮りためてるなぁと思います。

バッヂ
前回までとほぼ一緒ですが、若干新作もありました。
・耐震偽装で敵を殺める「SISTER LEAF(真実版・偽装版の二種)」の髪の毛が保護色だと思った。
・誤変換で登場した「寝てると殺すマン」
・今回も手描きイラストあり(当たり?)

大資本も素敵ネタ
・英語っぽく発音しているがどう聞いても日本語(カ・ケ・ル・ニー!)
・カップヌードル・コープヌードル・スープヌードルが偽物だと思ったら同じ日清製。
・ダサガンダムとしてGガンダムのグランドガンダムが紹介される。
グランドガンダムはGガンダムの中でもまだマシなデザインだと思います。
個人的お勧め(?)は胴体が釣鐘のマンダラガンダムと、風車がついたネーデルガンダムです。

…ってそれはいいとして。
一押しは「日本の天然記念物トレーディングカード」です。
俺はこのカードを信じる…回遊!!
ぜひともアニメ化してほしいです。どんな映像が流れるやら。

昔の漫画はすごい
・パーマンの表紙と中身がぜんぜん違う上、第一回からアニメ化決定。
・世界の松井が猛獣扱い
・少女誌は表紙だけでお腹いっぱい

少女誌の特集の「おへそ占い」のこじつけっぷりは見事でした。
多分、おへそは男性アイドルの裸を出す口実だと思います。1970年代の雑誌ですし。


スケジュールが押しつつ、ここで休憩。
休憩中に楽屋から写真を撮っていた方が飯野賢治さんに似ていたのが気になりました。
今回もいらっしゃっていたのでしょうか?


後半は、前半にも増してダサい…もとい素敵なものが紹介されていきました。

愛とビーズ
ビーズで作られたものが売られているお店があったのですが。
「おしゃれバッグ」と称して売られている商品、
どう見てもシャネルです。本当にありがとうございました。
あと、AシリーズやDシリーズ等のキャラクター物もありましたが、
どう見てもAンパンマンやDィズニーです。本当にありがとうございました。

…なにが「ありがとうございました」なのか書いている自分もよくわかりませんが、
予想したものがそのまま取り扱われていると逆に突っ込みづらいのですよ。
ヨシナガさんはこのビーズ屋さんを「選ばれた戦士」とおっしゃっていましたが、
それも何がなにやらわかりません。

謎のアイドルCD
女の子アイドルのCDなのですが、ジャケット裏が
「大悪魔」
としか表現できないデザイン。

真ん中はツインテール たしかこんなかんじ

そして歌も形容しがたい不協和音。脳サンキュウ〜!

本当の「会場戦慄」とは
よく僕秩。で「会場戦慄」という単語が出てきますが、
それを具現化したかのようなライブ映像が紹介されていました。
最前列はさながら蛇に睨まれた蛙のごとく。

その他過去にやったネタもありましたが省略。


ここから来場者が持ち込んだダサいものやうろおぼ絵の紹介になりました。
ダサいもの紹介
・ダイソーの「ハム悟空の冒険」は100円以上楽しめるすばらしい商品。
・ヨン様くつ下は3人くらい被った。どこで売っているんだ。
・ローマ字はダサさの根源

ダサいもの関連でヨシナガさんご愛用のおっぱいボールの話も出てきましたが、
遊んでいるときに穴が空いてしまったので今は持ち歩いていないそうです。

うろおぼ絵
新キャラクター「スーザン」が誕生しました。誰だよスーザン!
アンケート用紙の「スー」は、ムーミンに出てくる「ミー」のことだったそうです。
でもそこからキャラクターを考案する猛者が出るとは。

アンケートは大住さんの進行で静岡の名物から下着の色まで回答されていました。
このあたりの掛け合いは普段仲良くしている大住さんだからこそ可能なのでしょうね。

じゃんけん大会
プレゼントはイベントでも紹介された
「グランドガンダム」と「ダサいもの詰め合わせ」「ぼくいぬ」でした。
グランドガンダムに関しては、負けてよかったと思いました。

次のイベントの告知をしつつ、イベントは終了しました。

今回のイベントも何か踏み外した楽しさがありました。
特にヨシナガさんのダサいものへの並々ならぬ愛着が印象に残っております。
それらが日々の更新やキャラクターにつながっているのだろうと思った次第です。
あと、怪我を押しつつも最後までイベントに参加なさった大住さんの具合が
ちょっと心配になりました。たまに辛そうに見えたので。
それでもイベント中は笑顔を絶やさずに乗り切っていましたよ。


今回の戦利品


ぼくいぬ。だワン タオル・バッヂ

来場者へのお土産として頂きました。
バッヂはぼくいぬ。しかも手書きイラストです。ラッキー。
もちろん「ゆかいな誤変換DX。」にもぼくいぬ。でサインを頂きました。

そして注目のダサいもの交換会ですが、


カレンダー ちゃんと今年のです

相撲カレンダーをもらって来ました。
私の知っている相撲より地味な感じですが、ダサいとはまた違うようです。


SUMOUの美しさは人々の心を魅了してやまない 私の知っている相撲(某所でみかけた画像)

ちなみに私が持っていったダサいものは


ドリルは外してもらおう。私の趣味ではない だから…ドリルは取れと言ったのだ… 一番下の説明

謎のカマキリ型ロボ
「ムシキングブームに便乗+変形ロボ」までは良かったのですが、
カマキリのデザインを活かしきれていないところが惜しいおもちゃです。
説明の部分を見ると、カマを外してドリルにしちゃってるし。
そういえばこういう惜しいデザインのロボのおもちゃって、
腕がドリルになってることが多いですね。


裸眼ナイトで ヨシダプロさんは商品に含まれません

おおきな勇気をくれるパイの実
バレンタイン監督とバレンタインデーをかけた商品だったのですが、
今の時期まで山積みになっていたところを確保しました。
うっかり持ち帰ってしまった方、ご愁傷様です。


トップに戻る

書いている人:nellis(ネリスと発音してください)
お問い合わせ先:onigiri@komekue.sakura.ne.jp
※頂いたメールは、サイトその他で本文やお名前をとりあげさせていただくこともあります。ご了承ください。

00012794