僕秩。は写真素材サイトです
ゆかいな誤変換。 ←とってもゆかいだよ☆

前回より約8ヶ月ぶりの開催です。

僕秩トークライブ7

そのテーマは!

〜発見!ダサ素材!〜


サイトで紹介されていた素材)

またすごいサンプルですね…とほほ。

よく勘違いされてますが、僕の見た秩序。は写真素材サイトです。
写真素材サイトとしての本領を発揮するかもしれませんし、
そうでないかもしれません。どっちだよ



会場開場です。


プリンも来たよ

今回はイベントが始まるまでファミコンゲームの
神クリア動画が流れていました。
おっくせんまん!


【前半開始】

ゲストの横山さんによると
チケットがヤフオクで高値で取引されていたそうです。
うわぁ…取れてよかった。

毎回イベントはギリギリで臨むヨシナガさんですが、
今回は愛用のMacが壊れたため、普段使わない
Windows機でイベントを進行させることになったようです。
自らに試練を与えるなんて真似できませんね。

グッズ紹介
・時計
予算を2.5倍オーバーしたそうです。
でも「液晶押すと黒くなって面白いから」そのまま作成したそうです。
そ、そういうものなのかな…?
・楽器
今回も楽器と称して音の出るがらくたグッズが配られました。
その中に「へびのおもちゃ」がありましたが、それは振り回して
空を切る音を出す…わけでなく欲しくなって買ってしまったそうです。
開始10分で既に予測できない発言が多すぎです。

告知
・絵本出ます
8月に絵本が出るそうです!楽しみです!!
「おでんくんとはいつか戦わないと」とおっしゃっていました。
・ぼうくん
ソリッドアライアンスで取り扱っている「ぼうくん」の宣伝。
棒になってる可愛いキャラクターのUSBメモリです。
私も買いましたよ。


持ってるだけで幸せ気分

「すもう」が「すまいる」に。
平和でいいなぁ(ほのぼの)

スライドネタ
今回も量が量だけに箇条書きで。

・お惣菜が写真と違いすぎる
 でも「いいな」と思ってつい買ってしまい後悔する。
 
・ネット普及直後の混乱看板「com.」
 「ドットコム」じゃない。愛おしい存在?
 
・一番変な場所で更新。大劇場の隅で。
 こういうときの更新は慌ててるので「つまらない」と言われてしまう。
 
・ロッテリアのチキンずっと半額という戦略
 ちなみに撮ったのはデスノートのモデルになった店。
 
・肖像権と戦う美容整形の広告
 顔にシールが貼ってあって変化がわからない
 
・いい値段POP
 りんごの絵もあるかなりダサい手書き。

この手書きPOPについてはダサいけど良いものとした上で
「自分が間違っていると思ってどんどん書けなくなるのでは」
と絶滅を危惧するコメントをしていました。
コドモがオトナになる過程で失われる能力みたいですね。

・ファミマのキャンペーン(封印中)
 なぜかテープでモニタが貼られていたそうです。

・ヨシナガさんの中で今熱いチキンレース
 トイレで便座に座らずに
 ウォシュレットを出した瞬間すぐ止める。
 会社でやって失敗すると(社会的に)死に至るスリルが味わえるので
 お勧めとのことです。
 ヨシナガさん!会社でなにしてるんですか!?

・どっかで聞いた社名と似てる会社
 パクリと思われたりして大変そう。

ネタ事件は現場で起きている
・モバイルSuiCaの広告
 ペンギンとキャメロン・ディアスさんの配置が
 
 
 本来あるべき姿がこれとすると
 
 
あってはいけない姿に。

  
あのキャメロンさんがボウリングの着ぐるみ状態。


デザイナーやモデルさん達がチェックにチェックを重ねて
作った広告なのに、最後の最後(現場)で台無しになるのが
面白いけど恐ろしいというお話でした。

・言いたいことが多すぎる広告
 春の交通安全の広告が、言いたいことが多すぎて誰も読んでなさそう。
 チェックを通ってないってすごいと言ってましたが
 そんなことに気づくことのほうがすごいと思います。

・似顔絵がワンクリック
 wiiでは自分の似顔絵が登録できるそうですが、
 男性のキャラの何もしてない状態がヨシナガさんそっくり。
 メガネをつければ完成するくらいいじる必要なしだそうです。

・時計の宣伝文句は変
 「今、私たち、何時だろう」みたいな。時計見ろよ。
 高級品なせいか、どんどん概念になっていくけど
 店員さんがわかりやすい宣伝文句を書いて台無しにする
 という素敵な流れもありました。
 
 ・森高さんの最後に出したCD
 表裏ほぼ変わらない表情な上、付属の写真集も社会的に見れば違いがわからない。
 クローン技術の脅威に対するアンチテーゼと評されていました。
 アマゾンで1円からで売られているので気になる方は確認してみてください。

静岡のやばい商品

好例の故郷ネタ。ヨシナガさんいわく、
「静岡出身の人は「ほのぼのきち○い」が多い」
さすがサイレントヒルなだけありますね。

・相変わらず茶っプリン

・「食べ茶王」が被る。
 「食べられるお茶」でいいじゃんと呟いていました。
 
・以前紹介されていた「パンダ茶ん」の中身
 飴。しかも横に売られてる商品と同じモノ。

・仙台で「どら茶ん」を発見し小躍りするも、やっぱり静岡産


と、静岡のやばさをネタにするヨシナガさんですが、
だからといって故郷を嫌っているわけではありません。
むしろ静岡人としての空気を侵食されたくない、
「信念があったら守り通さないといけない」
とまで断言しておられました。
なんてかっこいいんだ!これで守るのが茶っプリンでなければ。

静岡ネタから普通のネタに戻ります。

ロコロコの意味ありげなデモ映像
 やや性的なメタファがあるのではないかとのこと。
 しかし「あれが作れるならまだソニーは大丈夫」
 という結論は常人の理解を超えています。

・スーパーボール
 友人の結婚式で自慢してたら執事さんの横にいってしまい
 怖くて近寄れず回収できなくなってしまったそうです。
 執事さんも怖かったんじゃないかという突っ込みがありました。

・負の空間観察
 なぜか隙間に挟まる二人や、絶対領域を作る人々など。
 撮影は命がけです。
 
・知らない人のメールに返信してみた
 明らかに怪しいメールなのに全く気づかれなかったそうです。ええー?
 あ、でもちゃんと後日謝罪のメールを送ったそうですのでご安心ください。
 イベントでネタにしちゃってるけどな!
 
・無言でうつむく子供たち
 「いじめか!?」と思ったら対戦ゲームを遊んでいたそうです。
 しかしDSとPSPを持ち寄る子供たちもいたりして、
 同じ空間にいるのに違うことをしているのが面白かったです。
 「なんだか朝○で記事になりそうなネタだなぁ」とコメントされていました。
 なぁに、かえって免疫力がつく。
 
今回も前フリが随分大サービスでしたが、
本日のテーマである「ダサ素材」のお話になりました。
ちなみに今回のイベントの裏テーマは
「善意が裏目」
だそうです。

素材について

写真素材サイトの使い道がわからない写真について。
検索のコツは「不人気順に並べる」だそうです。

あと一枚4万円の素材サイトは基本的にクオリティが高いですが、
安いところになるとダサ素材の宝庫らしいですよ。
80万枚2万円で買った素材に至っては
落書きにしか見えない心洗われる素材満載のようです。

MSオフィスの素材も宝の山みたいで
謝罪で検索
感情で検索
…こいつはすごいぜ!!

素材を活用したプレゼン例も実演されましたが、
おかめを30秒かけてじわじわ出すのはまさにオカルト。
何を説明してもどうでもよくなる破壊力がありました。
プレゼンってレベルじゃねーぞ!


【休憩時間】

前半で貰ってきた絵本のパンフを眺めていたら


確か79年生まれでは…

プロフィールが77年生まれになってる。


ピクチャ

思わずピクチャで質問。

ざわざわ

年齢詐称?

年齢詐称疑?

大興奮

参加者大喜び。
よりによって上にサバ読むとはさすがです。

戦わなくちゃ現実と

スーパーボールで遊ぶ30歳という書き込みには

割とOKな反応

「割とOK」という反応でした。
よかったですねヨシナガさん!


【後半開始】
携帯のダサ機能を使ってみよう
ヨシナガさん自らが体をはって携帯電話の
ダサいフレーム機能を活用した例を説明してくれました。
…しかしフレーム機能が存在することを知っていた人は
この会場にどれくらいいるのでしょうか?
私は勿論知りませんでした。

本当はここで来場者の投稿してくれたダサ画像を見てみる
予定でしたが

投稿ゼロ。

う、うわぁ…
ほら、ここ地下だし携帯は圏外ですから!
そういうことにしておくといいと思います。


超おしゃれサイト内のコンテンツ

自分の顔を写真に合成して服を試着したり、髪型を変えてみたり
するファッション系のコンテンツの素材です。
これもヨシナガさんが体をはって検証してくれました。
「これ画像が流出したら社会的にアウトだよね」
といいつつ水着の試着を合成するあたり、
何かが吹っ切れた感がありました。

しかしダサ素材といわれつつも、写真の肌の色を認識し
モデルさんに合わせてくれるなど無駄に賢い一面も。
まぁ結局は使えないのですが。
Javaの問題だったり回線の問題だったりで。


音ネタ
ネットで最近見かける「映像に違う音をつけてみた」というネタで
面白いものが増えているそうです。

あの人の演説 FF6バージョン
あの候補者の演説 乙事主バージョン

実写でエヴァンゲリオンのオープニング映像を作ってしまった
人もいるらしく「日本にもこういう人がいると思うと励まされる」と
おっしゃっておりました。


このテの音と動画ネタは、今後色々な問題が起きると思うけど
その中でも天才が出てくるのではないかというのが
ヨシナガさんたちの意見でした。
難しい話はともかく、なくならないでほしいなぁ。

マニュアル本がすごい
ダイソーで売られていたマニュアル本の紹介。
一文字ギャグという恐ろしいものまで載っているそうですが
笑いのネタ本を先輩の結婚式で活用(そして轟沈)

ここまで来て22時を回ってしまいました。

うろおぼ絵と質問
クリリンが多めでした。あとサイバイマン。
良い絵を描いた人へのプレゼントは前回のイベントで余った
ごまっとうカードでした。
い、いらない…。

サプライズ
5/13にお誕生日を迎えたヨシナガさんにロフトプラスワンの皆様から
ケーキが贈られました!
「普段人を驚かすことはあっても驚かされるのは初めて」と
ヨシナガさんはうれしそうでした。

ちなみにヨシナガさんが友人にやったサプライズは
・家に帰るとベッドに大根が入っている
・起きたら海にいた

だそうです。そりゃびっくりですよ。



…と、こんな感じで今回も大盛況でした。
面白いというより、要所要所に大事な言葉が埋め込まれた
イベントだったように思えます。
私が勝手にそう思ってるだけかもしれませんが。


今回の戦利品:

ゆかいな誤変換。DX

ロボ

ロボとぼくいぬ。
ぼくいぬ。もロボといえばロボですね。

・時計

ゴールデン

金色です。
サンプルでは銀色では?と思ったのですが、
どうも金色と銀色の二色あったようです。

・PASMOカード

夢の競演

PASMOです。

誰が何と言おうとPASMOですから!

トップに戻る

書いている人:nellis(ネリスと発音してください)
お問い合わせ先:onigiri@komekue.sakura.ne.jp
※頂いたメールは、サイトその他で本文やお名前をとりあげさせていただくこともあります。ご了承ください。

00011753