女装男子のミスコンに行ってきた。2007年版
また君の中の常識が揺らいでる?ニシエヒガシエ

前のページに戻ります!

【決勝】

予選を見事勝ち残った、さかもとさんとあやさん&ゆうさん。


カワユス
2人手を繋いでるのが可愛いのなんのって

決勝戦は、くじ引きで決めたテーマに基づく自己アピールで評価されます。


・さかもとさん:決勝

彼女が引いたくじに書かれていたテーマは「歌を歌う」です。
む、これはシンセデザイン研究室の彼女に相当有利ですよ!

しかもシンキングタイムに「いつもどおりの感覚で」座り込んでくれたので
思いっきりパンチラのサービスまでしてくれました!
おいおい、まだアピールタイムじゃないぞー?


隅に逃げるところがなんとも

今更恥ずかしがっても見ちゃったもんね。うひひ。


そんなこんなでアピールタイムです。
曲はモーニング娘。の「LOVEマシーン」です。


チラリがあるよ!
画像をクリックすると動画が見られます

即興で考えたとは思えない頑張り+サービスぶりに大興奮。
これは後の2人も危ういですよ!


・あやさん&ゆうさん:決勝

2人が引いたのは「告白タイム」です。
これは司会の新1号さんの書いた台本に沿って演技します。


相談天国
一番右は審査員の男爵ネギ伯爵さん。告白される男性役です

元ネタは「あるアニメ」の告白シーンです。
新1号さんの性癖暴露大会にならなくてほっとしました。
幼馴染シチュエーションだったらどうしようかと。


肝心のアピールタイムですが、
これは最早動画で見ていただくしかないでしょう。


パンチラが見たくて倒れているわけじゃないよ
画像をクリックすると動画が見られます

動画で「手紙を持ち帰って額に飾るつもりだった」とありますが、
本来ならこのシーンは
  
男、手紙をビリビリ破る

ヒロイン泣く

男、そっと涙を拭う

ヒロインに(優しいところあるじゃん)と思わせたところで

男が「お前を殺す」と言って去る   

という流れだからです。
書いていて矛盾しまくりですが、ほんとだから仕方ない。

個人的にグッときたのはもちろん


役得だなネギくん!

最後にゆうさんが抱きつくところですよ!

もうね!こんなことされたらね!!
「ボク、男の子だよ。それでもいいの?」
とか言われても即OKしちゃうに決まってますよ!!


……と、これで決勝戦のアピールタイムは終了です。
いやーどちらも素晴らしかったですね。
なんだか開けてはいけない扉を開けた気がしますが
可愛いは正義だから、いーんです。

【結果発表】

優勝は、あやさん&ゆうさんになりました。


おめでとう!

今回のミスコンは進行も含めて、とても素晴らしかったです。
オタクネタが少ないので知らない人でも楽しめたと思います。

また、惜しくも敗れ去ったさかもとさんですが、
得点は優勝した2人と僅差だったそうです。
彼女たちの来年の課題になりそうですね。




彼女らは割と好きだったりする

来年もよろしくねー


【お得な豆知識特別編:歴代優勝者さんインタビュー】

幸運にも歴代優勝者のあの方にお話をお伺いすることができました。


足細すぎ
一昨年はこんな感じ


パンク調の方
去年はパンク風




今年はスーツ。




スーツ!この足が!足のラインがっ私を惑わせるのかっ!!
はっ!いかんいかん、これ以上やるとセクハラです。
おとなしくお話をお伺いします。

・歴代優勝者さんは2代目のミスコン継承者
・先代の方は、11年ミスコンを支えてきた
・昔はパフォーマンスは無かった


女装のミスコンなんて言うとふざけたイベントみたいですが、
それでも彼らの意志を理解し、後に続こうとする人がいる。
とても素晴らしいことだと思います。

で、ミスコン終って家に帰ってから、聞き漏らしたことに気づいて
後日改めてメールでお伺いしたところ、お返事いただけました。やったー!

ということで、メールで頂いた文章を公開いたします。
軽く「草むしり」しましたが、本文は変えていません。

文中に出てくる「朋美さん」は先代の優勝者の方です。
来年出場する方は、参考にしてみるといいと思いますよ!

----------------メールここから----------------

【個人的質問】
・ミスコン参戦のきっかけは?また、その時の順位は?
大学1年の時、○調(調布祭実行委員会)のミスコン担当をしていた親友に
「ミスコンに出場する人数集めに困っていて、足りないから出てくれないか?」
と言われたのがきっかけです。
こちらも執行委員会の出店で忙しく、最初は断っていましたが、
あまりにも熱烈にお願いされた為、2つ条件を出しました。
1.誘った君も一緒に出ること。(女装が似合いそうだったから)
2.やるからにはとことんやり尽くして優勝を狙うこと。
そのときはSHOP武富士のダンスを踊りましたが、朋美さんと点数が一緒で同点だったんです。
最後にもう一度、ダンスを踊りましたが、朋美さんの演技力には及ばず、準優勝でした。
悔しくて来年もう一度リベンジするぞー!と思っていたら、いつの間にか現在に到ったわけです。

・メイクはどなたが担当しているのですか?
メイクは基本的に○調さんの方で、女子大から手伝ってくれる人を用意してくれるのですが、
私は全て大学時代の同期の女の子にやってもらっています。メイクがとても上手いんですよ。
2002年〜2007年は全て同じ方にメイクをしてもらっていまして、
卒業した後も、交通費払うので是非来て下さいとお願いしていました。

・女性物の服はどこから調達しているのですか?
様々です。お金はケチらず、自分が着たいと思った服を着てます。
コスプレする場合はコスプレ専門店や、ネットオークションで調達しています。
既製品で揃えるのが難しい場合は、ユザワヤで生地を揃え、
裁縫が得意な女の子に衣装を作成してもらったケースもあります。
通常の女性物の服を着る場合は、ファッション雑誌から研究し、
知り合いの女の子に買い物に付き合って下さいとお願いしてました。
渋谷109、原宿の竹下通りのお店や近くのデパートなどを周り、調達してました。
(足が大きいので、靴を探すのに一苦労)

ミスコンが終わった後は、必要ないので欲しい女の子にプレゼントしたり、
ネットオークションで売ったりしてます。

・女性らしい仕草は、何を参考にしましたか?
衣装合わせの際やミスコンに出場した後など、やはり周りに指摘されるんですね。
(特に女性から。歩き方や立ち方、手の組み方など)
また、その時に撮ってもらった写真や動画を参考にして、自分でも明らかにおかしいなと
思うところは次回には気をつけるようにしています。
でも、そこまで女性らしいと言われようと意識して仕草をしているつもりはないです。

2002年に優勝した際、特典としてニューハーフパブへ1日体験入店させられたのですが、
その時にいろいろ仕込まれたと言う思い出もあります。

・昨年のパンク調のファッションは、実は普段着だったりしますか?
はい。実は、普段着です。
去年のミスコン衣装がきっかけでパンク系にはまってます。個人的な趣味でした。

【ミスコン全体】
・このミスコンが始まったいきさつについて。
いつ始まったかは私も詳しくは知らないのですが、
1988年の調布祭のパンフレットを見たときにミスコンがあるのを確認しましたから、
かれこれ20年は続いているはずです。意外と自給自足の歴史は長い。

・電通大学に在籍している女性の反応は?
嫉妬されることも稀にありますが、
基本的に「美人だー」「脚が綺麗だー」などと素直に褒めてくれます。
女性より男性の反応の方が凄まじいです。

・参加者が複数いるにも関わらず演目が被らないのはどうしてですか?偶然?
偶然です。
事前に何をやるかはミスコン担当の人は把握していますので、
重なった場合はその際に伝えるようにしています。
(去年のハルヒの歌が被っていた様に。2001年にも被ったのですがそのままやりました)
ただ、基本的には出場者同士もお互いに何の演目なのかミスコン当日まで知りません。

・ミスコン参戦の7年間で、変わったことはありますか?
やはり、年々レベルが全体的に高くなっていると感じます。
女装の質も、パフォーマンスの質も。私に勝つ為に出場した友人も居ました。
最近では出場者も増え、事前にオーディションが行われるくらいですから。
でも、それはとても良いことだと思っています。

・来年のミスコン出場者へのアドバイスなどございましたらどうぞ。
私が出場する際に心がけていたことなのですが、
「どうしたら、ミスコンを見に来てくれているお客さんが満足し、楽しんでもらえるのか?」
これを常に頭に入れて出場をして欲しいですね。
そうすれば、自ずと結果はついてくると思います。
来年、出場する乙女の皆様方。是非、今後のミスコンを盛り上げて下さい!
ホント、楽しみにしてます。

----------------メールここまで----------------

予選出場に、事前オーディションがある!
想像以上に狭き門なんですね…やっぱりすごいなぁ。


ちなみに2代目の歴代優勝者さんは、今年でミスコンは引退だそうです。
(ミスコン以外のところで女装したりするかもしれないって話です)


去年で歴代優勝者さんの「ミスコンを継ぐ者」の話を聞いたときから、
今年のミスコンでぜひともお話をお伺いしたいと思っていました。

引退は悲しいけれど、そこに立ち会えたのはとても幸運なことでした。
お忙しいところ、本当にありがとうございました。

トップに戻る

書いている人:nellis(ネリスと発音してください)
お問い合わせ先:onigiri@komekue.sakura.ne.jp
※頂いたメールは、サイトその他で本文やお名前をとりあげさせていただくこともあります。ご了承ください。

00059247