岩本さん、やる気出す

先日ご紹介した岩本さんですが、
本格的にやる気が出たみたいです。
なぜなら

「新作ができたので見に来い」

という連絡があったのです。



デジカメの修理も終って丁度良いタイミングです。
小躍りしながらお伺いしてきました。






某駅ホームを降りてすぐに、目的のガムテ文字がありました。
あ、日の当たり具合で影になってる。しまった。





しかしでかい。
反対側のホームからようやく全体が撮れるサイズです。





この「環境」なんて画数多いのにふちどり線です。
最初に黒いガムテで太い文字を作ってから、色つきガムテの
細い線で文字を書いてふちどり文字にするので相当手間がかかってますよ。





「体」の書き順がちょっと違います。
岩本さんは普段書き順通りに貼っていくので珍しいケースです。





今回のポイントは、このイラストです。
赤ちゃんを乳母車に乗せたお母さんが高架下を歩いているイメージ。

それだけだと箱の中に母子がいるような、味気ない絵になるので
風船を描いたそうです。
直線の中に曲線が入ったので柔和な絵になったと思います。



写真を撮りつつ、色々話を伺いました。

・佐藤修悦さんの後に岩本さんが新宿駅に来て
 一番最初に作ったガムテ文字は「精算機」。

駅員さんとガムテ文字を作っていて一番泣きたくなったのは
 8時間かけて作った文字を作り直せと言われたこと。
 結局10時間かけて作り直した。

・あの駅員さんと同じタイプの人はどこの駅にもいない。
 (確かにあそこまで現場にやってくる人も珍しいと思う)

・新宿駅の工事は「改修工事」で南口の工事は「架替工事」
 今あるモノを造り直すか、作り替えるかの違い。

・今いる駅の路線の工事はあと5年くらいかかる。

精算機と10時間かけて作ったガムテ文字はまだ紹介してませんね。
今後ページを作ったらリンクします。


また新たなガムテ文字ができたら連絡いただけるそうですので
それを楽しみにしつつ、昔のガムテ文字も紹介していきますね。





駅の外にもあるでよ。

トップに戻る
コメ食えコメ。に戻る

書いている人:nellis(ネリスと発音してください)
お問い合わせ先:onigiri@komekue.sakura.ne.jp
※頂いたメールは、サイトその他で本文やお名前をとりあげさせていただくこともあります。ご了承ください。

00007957