精算機・歌舞伎町

こまごましたモノたち第1弾。
今回は画数多めのガムテ文字のご紹介です。

【精算機】



精算機。2005年1月撮影。
矢印に従い振り返れば





奴がいる。

これが佐藤修悦さんの後にガムテ文字を担当した
岩本さんの初めての作品です。
慣れない作業で相当苦労なさったそうですよ。
貼っているうちに文字の大きさが変わったり。





こっちは2005年9月に撮影。
なんとなーく、字体が違う気がしませんか?



【歌舞伎町】



天井からぶら下がるガムテ文字。
東口と西口の境目で歌舞伎町の案内です。
逆の出口から出ると悲劇ですからね。





とにかく東口に行けばいーんです。
迷わず行けよ行けばわかるさ!





新宿駅東口といえばスタジオアルタもあります。
待ち合わせスポットとして有名ですね。

ちなみにこのガムテ文字は





最初に紹介した「精算機」もある、風光明媚なスポットです。
奥に「中央東口」が見えますね。

このあたりにコーヒー屋さんができた頃が、ガムテ文字全盛期でした。
そのへんの紹介は、また後日。

トップに戻る
コメ食えコメ。に戻る

書いている人:nellis(ネリスと発音してください)
お問い合わせ先:onigiri@komekue.sakura.ne.jp
※頂いたメールは、サイトその他で本文やお名前をとりあげさせていただくこともあります。ご了承ください。

00001897