僕秩。は写真素材サイトです
ゆかいな誤変換。 ←とってもゆかいだよ☆

前回のまとめはこちら

僕の見た秩序。トークライブ8

そのテーマは!

〜満喫!変なマニュアル本!〜

…なのですが、個人的に気になることがあります。

それは、サイトで告知されているエコバッグです。


良いバッグ

来場者向けに無料配布とありますが、
イベントを見ない方でも会場に行けば貰えるらしいのです!!

人気サイトのグッズだし超可愛いし、
地球環境に興味は無くても絶対欲しいですよね!
もう前日から行列作っちゃったりとか!!



ん?待てよ?

エコバッグ入手に行列、貰えず騒ぎ…?



【nellisの心象風景】



…オラ、すっげぇわくわくしてきたぞ。


【イベント開始前】

今回の会場は東京カルチャーカルチャー。
既にデイリーポータルZまつりで行っているので
迷うことなく到着。


整理番号1げとなので随分前の席になったよ
待ってる間暑さで溶けるかと思ったよ!

ステージ前はこんな感じ。
茶色かったです。
整理番号順に入場したらとんでもなく前の席になりましたよ…。



今回もピクチャでイベント来場した方とやりとりできるのですが、


絵心有り余る人たちばかり
天井の扇風機の話題で盛り上がる

皆様イベント前からフィーバーしまくりでした。
今までの会場だったロフトプラスワンのメニューである
梅チャーハンや鮭とば注文しようとして
横山店長に「カルカルにはありません」と言われるし。
横山さんは以前ロフトプラスワンの店長だったので大弱り。



【前半開始】

横山店長とヨシナガさんのシャツの色がそれぞれ赤と青。
泣いた赤鬼だったら悲しいエピソードになるところですが、
今回は僕秩。のイベントなので関係ありませんね。
(「二人合わせて良心回路」と言いたいのグッとこらえつつ)



グッズ紹介
・良いバッグ
エコを意識したあのバッグ。
お弁当を入れるのにちょうど良いサイズになりました。
素材をプラスチックに限定したところお金がかかってしまったとか。

あ、結局貰えなかった人が店員さんに詰め寄ったりといった
騒ぎはおきなかったようです。つまらんよかったよかった。

・楽器
毎度お馴染み楽器と呼ばれるグッズ達。
しかし今回は一人で200個買い出すことになったため
「薄くて軽い」が選定基準になってしまい、へんなのが買えなかったそうです。

例を挙げると
・スタンプ(「速達」がポイント高し)
・ネクタイ(鳴り物じゃない)
・ゆらゆらくろねこ(用途不明)
・水泳帽(引っ張って鳴らす)
・はげちゃびん(貰った人同士固い握手を交わす運命グッズ)

完全に楽器として以前にへんな買い物になってますね…。

告知
・絵本出たよ
出ましたよ!

コドモが認識する世界は横に長い
ちんとすあまとふしぎなくり

対象年齢が小学校低学年ということで
コドモの視点で読みやすいつくりになっていますが、
オトナが読んでも和めると思います。


ちなみに乾杯のとき、ヨシナガさんはグラス持って来場者全員に回っていました。
会場が広くなったゆえの嬉しいサプライズです。わーいわーい!


今回も裏テーマが発表されていました。
「it's a wonderful world」
そう、「素晴らしきこの世界」です。

いろいろ不安や不信が叫ばれるこの世界で、
果たしてヨシナガさんの見たモノとは…?
これから3時間、あなたの目は、あなたの体を離れ、
この不思議なヨシナガワールドの中に入って行くのです。



スライドネタ
箇条書きですので想像でお楽しみください。

・巣鴨のマックに「長生きソフトクリーム」
 買ってみると普通のソフトクリームだったけど…?
 
・コロッケが鏡面反射するカレー
 黒カレー900円。かなりぴかぴか。
 
・わいわい心理ゲーム
 「彼の書く文字で彼の大切なコトがわかる」らしいけど、
 どう見ても死にそうにしか見えない文字がある
 
・ビートクルセイダーズを楽しむ裏技
 写真によって、被りモノの隙間から目が見えます。
 
・オタクブームの悲劇
 おばあちゃんが「萌え〜」と書いてあるバッグを持っている。
 多分万葉的意味の「萌え」で買ったと推測されています。
 
・かわいそうな二番煎じ
 ロデオボーイそっくりの某商品。
 CMの映像でツイストできてない。
 
・白いお台場
 本家の白い恋人が倒れたのにこっちはまだ売られているそうです。

・効果が疑問なポスター
 タバコのかっこいいポスターを隠すパワー。

・「じゃがコロ1個50円・2個100円・3個150円」のポップ
 計算できるのでは。

・ちゅるんとフルーツシュワシュワプハハ!(ドリンクの広告)
 横の「甘さひかえめ」だけでOK

・便利な道具「ザ・洗濯板」
 …便利が一周してきた?

・唯一ネ申
 このテの話題は、選挙終ってからじゃないとNGなのです。
 前回の選挙でビリから2番目という快挙を成し遂げた又吉先生。
 彼の敗因をヨシナガさんは「ポスターの文字が小さすぎる」
 と分析しています。
 
・すごいゲーム「ゲーム王(キング)2」
 いわゆるパチモンゲーム機。
 ゲームシステムも音楽もことごとくどこかであった感じな上、
 リセットするには電源を切らなければいけないという素敵仕様。
 


新しいお店の機材の切り替えに手間取ることが多かったですが、
なぜかビデオフィードバックに手をかざして遊ぶヨシナガさんと横山店長。
うようよして楽しい。楽しいけどイベント中ですよお二人さん!



・色々な名前を持つ店
居酒屋「呑み屋」、花屋の「お花や」、美食和菜「花や」など
割と紛らわしい名前のお店たち。
今だとネットの検索で不利なのではと心配するヨシナガさん。

ここで東京カルチャーカルチャーの命名エピソードが。
横山店長は当初「東京カルチャーセンタークラブ」としたかったそうですが、
商標にひっかかるので「東京カルチャーカルチャー」にしたそうです。

横山店長によると、「カルチャーセンタークラブはやめたほうが良い」と
言って来たのはヨシナガさんと山本一郎さんだけだそうです。
いい加減に名前を決めると後々困りますからね。コメ食えコメ。とか。


※9/17修正:
お店の名前候補ですが、
「カルチャーセンター」じゃなくて
「カルチャークラブ」でした。
読み返しても全く気づきませんでした…。


シンスケさんは「東京カルチャーセンター」ではなく
「東京カルチャークラブ」にしたかったが正解であります。
カルチャークラブにすると
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/12/55473
↑ココとの商標争いになってしまいますので。
ヨシナガさんの大好きなアグレッシブな戦いを挑んでも、
こればかりは勝ち目は無いと思います、多分。

(ウサミさんより)


確かにメモ書きも「カルチャークラブ」でした
デイリーポータルZまつりでは正しく書いていたのですが、
「こてこて、いなたい感じの響き」という印象で
「カルチャーセンター」と記憶してしまったようです。
ご指摘ありがとうございます。

引き続きイベントまとめをお楽しみください


・ゴミ回収中にピアノソナタを流す
 人が「えー」ということをするのに、さわやかな音楽で緩和する狡猾さ。
 ゆるいネタの中にこういう闇っぽいのがくるのがイベントならではです。

・「おしゃれ」な店
 自分で「おしゃれ」という店はおしゃれじゃない。
 
・郵便局のすごいシャッター
 郵政民営化でキャッシングコーナーが
 手書きで修正されているのが要チェックだそうです。
 
・アスベスト除去
 20日くらい工事しているので近所の人はどっきどき☆
 
・素直な日本人
 「ケズってその場で当たる」くじの張り紙の横で削る人たち。
 
・人目を気にせず抱き合うカップル
 しかしそこは前回おっさん達がはまっていた場所アッー!【禁則事項です】
 
・コーラの新型自販機(青)
 アシッド系キャラな上、きちんと動作していない。
 外注出したはいいけどチェックが甘かった説が有力。
 
・人気爆発に注意
 人気爆発!と書かれた商品がバナナや軍手。人気?爆発?
 
・ウォシュレットチキンレース
 あれから随分遊んだ勇気を試したようです。
 ポケモン集める感覚だそうな…?
 
・良いペン
 ボールペンの良さを伝えるネタの数々ですが(これとか)
 良さが伝わらない方から苦情が来るので最近は控えているそうです。
 「うんこしっこで笑わなくなったら終わりですよね」とのこと。
 
うすた先生のような発言でスライドネタは終了。

相変わらず見るところが凡人離れしていますが、
主にデザインやアーキテクチャの矛盾が気になるところが
プロのデザイナーかつ根っからのクリエイターなんですね。


なりきりムービー

今やってるゲキレンジャーの素敵なサービス。
良い子のみんながヒーローになれる映像を作るサービスがあるそうです。
わーすげー!ニキニキだー!!(ゲキレッド風に)

そんな美味しいネタをヨシナガさんが見逃すはずがなく、
「僕もヒーローになりたい」とばかりに電話するも

「お子様向けのサービスなのでオトナの方はちょっと」
とお断りされてしまったそうです。


立ちふさがる「年齢制限」という名の絶望的状況。
ヒーローになることはできないのか…?

悩んだヨシナガさんは、企業に頼らずヒーローになることを選びます。

もうおわかりですね。



スーパー合成ターイム!!
(スーパーヒーロータイム風に)


子供が出ている元の映像に、
ヨシナガさんは自らを合成してしまったのです。
その本気ぶりはMacを購入し、フレーム単位でモーションを
あわせるところからも存分に伝わってきます。

プロのクリエイターとして持てる全てを出し切って作られた映像。
そこにはお茶で敵を倒し、iPodを聴きながら必殺技を繰り出す
ヨシナガさんがいました。


あまりのクオリティに会場は大フィーバー。
自らのチカラでヒーローになったヨシナガさんは、
この言葉と共にネタを締めくくるのでした。

「努力すれば夢は叶う」

※注:本来の趣旨はお笑いネタです


【休憩時間】

ピクチャ。

下なのにね

当日カルカルの下の階のZEEPで上戸彩のイベントがあったのですが
「下なのに上戸彩」といったやりとりがありました。
だれがうまいこといえと。


【後半開始】

満喫!変なマニュアル本
あ、ようやく今日のメインになりましたね。
さっきの気合が入った動画は前フリでしかなかったというのは、
地味にすごいイベントだと思います。


昔から、変なマニュアル本を集めているそうです。
その数約100冊。多すぎですよ!!
1冊でも人に見られたら人生終わる本が100冊て。
これだけあれば逆にネタにできるということでしょうか…。

内訳は無難な(?)搭乗マニュアルや今は亡きあるある大辞典の本、
名探偵コナンの防犯テク本などなど。

ロックマンの攻略本の投稿コーナーは個人情報だだ漏れな上、
検索してみたら偶然オトナになった本人と思われる方を
発見してしまったそうです。ネット超こわい。


このへんから、やや痛い本が登場します。

・赤ちゃんの名前辞典
 完全に読めない+由来を知りたくない名前ばかりという。
 名前は大事ですよ…悪魔ちゃんとかね。

・イラスト素材集
 古いイラスト素材集なのですが、
 今では差別的表現とされる単語が平気で出てきます。
 そんなおおらかな時代もありました。
 ヨシナガさんいわく「失われた昭和」

・宴会芸(バブル時代の)
 体育会系のノリそのままの宴会芸たち。
 ヨシナガさんいわく「守らなくていい昭和」
   いくら当時話題だったとはいえ、高○平13階が芸として
 成立するのはちょっと悪趣味な時代だったと思います。

・確実に勝者になれる本
 タイトルからしてうわぁ…
 内容も「できたてコンビニ弁当入手」「潮干狩りの王者になる」
 「キャッチセールスにひっかからない」「車でデート中絡まれたら」などなど。
 
・ゴロ513
 強引な語呂合わせの受験参考書。
 今はもえたんなんていろんな意味で実用的な本があっていいですね。
 私も昔これを持っていましたが数Iなんて基礎すぎて参考にならず、
 実用に耐えるものではありませんでしたよ。あらゆる意味で。

繰り出される痛々しいマニュアル本の数々。

さすがの横山さんも
「ヨシナガくんこんなの買ってるの?」
とドン引きです。それに対しヨシナガさんは
「1冊ずつだと恥ずかしいので20冊くらいまとめ買いする」
とおっしゃいます。
いや、そのりくつはおかしい。


時間をかけたら見えたネタ
・死と再生を繰り返す服屋さん
 数ヶ月おきに閉店セールと開店セールを交互にやっているそうです。
 「そういうロジックで客寄せをしないといけない時代なのかも」と
 分析されています。誰も損をしない嘘が必要ってことか。

・草がのびる花壇
とある花壇が花を守るために取った措置と、
草花や周辺の変化を時間軸で解説。
花壇の管理人さんの葛藤が見えるネタでした。

「時間軸から読み取れる人の心の動きは面白い」
とコメントなさっていました。

この花壇は私も日記でネタにしたことがあります。
5/136/16)とはいえヨシナガさんほどまめに
チェックしてないです。写真200枚分は無理。




ちなみあの花壇の看板をよく見ると、




「大自然のすべてに愛と感謝を!」
ってスケールがでかいでかい。
プリミティブな祈りが人のココロを蝕む過程を見ている気がします。

・ヨシナガさんの人に理解されない趣味
最近はまっているのは
「道に落ちているiPodのヘッドフォンのフワフワを写真で収集」
だそうです。
「2つ落ちてた!と思ったら巨峰の皮だったりするんですよ」
とヨシナガさんは嬉しそうに語りますが、
うん、さすがにこれは理解できないな。

「そこで人が落としたという事実が面白いのかも」と
解説していましたが、会場は終始ドン引きでした。


ネット世界のマニュアル本
マニュアル本ネタに戻ります。

・直子の代筆
 あまり無いシチュエーションの例文が紹介されていました。
 「オフィスラブ妻子ある男性より部下の女性」とか。

・ゆうびんのサービス
 ダサ素材のオンパレード。
 イラスト配置サービスでギャップのある文章も楽々作成。

・無料掲示板の書き込みテスト
 大概の人は「(書き込み)テスト」と入力しますが、
 「テストと書くな」と切れる人が登場。
 さらに政治について語りだす人が出現。
 でもことごとく無視される。


うろおぼ絵
下手じゃないのに邪悪なイラストを描く方がいらっしゃいました。
描いた人には、世界はそう見えているのかもしれません。


悪シデントとピクチャの反応
うろおぼえ中ですが、アンケート用紙を見ようと
机をいじっているうちビールを倒してしまい、機材が大ピンチ。



直後のピクチャの反応


しかし「ここでピクチャで心配してくれてたらいいですね」
とヨシナガさんが発言した途端






うんこ大量発生。
なめらかにうんこで一致団結する来場者の神っぷりがたまりません。
さっきまで心配してたのにね。このツンデレ共が!



と、イベントはこんな感じでした。
会場がお洒落スポットに変わっても、やっていることは相変わらず。
「場所なんてどうでもいい。やりたいことはやらせてもらう」
という意気込みが感じられるので、次回もこのノリでイベントを
開催すると思います。ちょっと安心。


今回の戦利品:

ゆかいな誤変換。DX

すあま

すあまとぼくいぬ。
すあまが伸びてる。

・絵本

この本はたぶんこれ

サイトにもありますが、ちんとすあまの家の中に僕秩。に
関係あるグッズが転がっているので探してみるといいですよ。

・たわし(楽器)

お台場で落としたっぽいので写真はありません。

トップに戻る

書いている人:nellis(ネリスと発音してください)
お問い合わせ先:onigiri@komekue.sakura.ne.jp
※頂いたメールは、サイトその他で本文やお名前をとりあげさせていただくこともあります。ご了承ください。

00005253