よけいだ!
スイス・ルビス社 ツイーザー・クラシック(ルーペ付) ←アマゾンで「よけい」で検索すると出てきた


ふつうナイトの余韻をかみ締める今日この頃でしたが
唐突に「よけいナイト」というイベントの告知が
カルカルブログにUPされました。

なんのこっちゃ?と告知内容を読むと
「うるう日である2月29日がよけいっぽいから
よけいなことをするイベントをしよう」
ということらしいです。

確かによけいっぽいけど、イベントを開催って。
そのフットワークの軽さがむしろ気になります。
グレゴリウスもびっくりだろうなぁ。


今回のイベントも、よけいナイト実況ブログでリアルタイム更新されています。
こちらのページはよけいなまとめとしてお楽しみください。
画像がいつもよりよけいにありますよ。全部で40枚。


【開始前から色々よけい】

・音楽がよけい
会場に流れる音楽が何かおかしいと思ったら、
CDを2枚同時にかけているそうです。
てっきり機材が壊れたのかと。


・料理によけいなモノ






…これはよけいだ。


・よけいな店員さん



店員さんにくっついて移動する乙幡さん。
グラディウスのオプションのようでした。
なるほど、確かによけい。




梅田さんはスタンドアロンで行動。
乙幡さんとは違うよけい感を醸していました。
誰も声をかけなかったのが印象的です。



【前半開始】

いけないことかい〜きずついても〜♪




…なんでこの時期に岡村靖幸なんだろう。
そんな疑問は置いておいて




かんぱーい




うるう年の2月29日って無くてもいい日だよね、
とか誕生日が2月29日の人を訪ねたりと
この日らしいトークが始まった…と思いきや





かんぱーい(2回目)

よけいだ!よけいすぎる!!
いつ何が起きるかわからない唐突さ。
それがよけいナイトということか!?



【よけいな帽子】

よけいな店員さんこと梅田さんが被っている帽子。




朝青龍。
これは林さんの私物なのだそうです。

「こういうのって次は二度と会えないから見たら買わないと」
とのこと。それは私もおもちゃ買うときによく言います。



【よけいバッジ】

よけいなイベントのバッジなので、裏にピンがついていません。
そう説明された瞬間、客席から猛烈なブーイングが起こりました。
これが「会場が一体になる」というやつか!(よけいな解釈)

ピンは橋田さんにお願いしてくれればつけてもらえるそうです。
よかったよかった。

絵柄はZくんがよけいなことを言っています。




あー、よけい。




おでこに何かが書いてあるけど、
光の反射がよけいで読めないよー(棒読みで)

前回のふつうナイトのバッジも混ざっているそうです。
これはよけいだけど嬉しい。



【豆場】

煙草は吸わないけど喫煙コーナーに憧れる林さん。
カルカルの外に「豆場」というコーナーを設置したそうです。
お一人のお客様限定だそうです。あとで行ってみよう。

説明しながら林さんが
「あそこにハトが集まって下でやってる
 TMレボリューションのイベントに来たファンに
 襲い掛かると最高ですよね」

と。



いいよねーうふふ

林さんの闇が見えました…。



【よけいな物販】

今回も物販があります。



机が無くて地面で販売

何か買うとひばチップがよけいに貰えるそうです。
よけいなのに良い香り。
また、本以外に林さんが取材で着用しているTシャツも販売中。
既に売れているみたいです。これはよけいじゃないぜ!



【林さんの、よけいなこと(スライド解説)】

ここから出演者のスライドになります。
王道のよけい、街のよけい。




電柱がよけい。



横山店長は離席中です

よけいな情報でゴージャスに見せる不動産情報。




よけいな肉屋。メタリカ。
林さん「昭和11年だとメタリカより古いよね」
住さん「メタリカが真似したんですね」




ルビがよけいな中吊り広告。




駅そばのよけい。
これは「駅そばの文体が変わってきている」で書かれている
内容と近いのでそちらをご覧ください。

横山店長「『味』を『砕』くと書いて『味砕(あじさい)』と読むらしい」
と、よけいなことを言っていましたが気にしないことにします。

続いては林さん宅のよけい。
先ほどの朝青龍帽子以外にも
旭川に行ったときに買ってしまった、よその高校の学校新聞。

あとレンズメータ…?レンズメータ!?
しかも持ってきているの!?




住さん「どこで買ったんですかこれ」 林さん「ヤフオクで」
ヤフオクなんだ…。

そして来場者の度数を測り始める林さん。業者?
楽しそうですが、なぜ欲しかったかは思い出せないそうです。

最後は林さんの机の上のよけい。




フィギュアスタンドの上のダルマ。

あとはコンビニの500円本も大量にあるそうです。
一部買って損したと本気で思った本もあるそうな。



【大山さんの、よけいなこと(スライド解説)】

大山さんが登場がてら、楽屋のよけいな情報として
高瀬さんがワインをジョッキで飲んでいると教えてくださいました。
すごいぜ高瀬さん!そこに痺れる憧れる!




大山さんといえば団地ですが、この後萩原さんがダムのよけいを
語ってくれるので建造物ではなくアイドルグラビアのよけいな演出を
紹介してくれるとのこと。



横山店長は離席中です

こういうポエムもですが
今回メインで語ってくれるのは線路。

大山さんは、線路にもアイドルにも興味が無いそうですが
これらを「IoS(アイドルオンザ線路)」として分類してくれます。

その1:腕
線路上のバランシングといえばこれ。




あー、あるある。




線路に乗ってなくてもやってる人も。
バランシングの形骸化。


その2:座り方み
バランシングを放棄するパターン。




線路に座り込んでしまう写真です。




大概は線路向きですが、こんな素晴らしい写真も。
住さんフィーバー。


その3:グラビアの呪縛
グラビアだからと水着を着せてしまうパターン



水着もですが、なぜ手前にテレビ?
謎かけ?試されている?メタファ??




なぜオイルでテカらせる?
電車だから?潤滑油??




ガリバー??

そんなIoSの全てが含まれた良い一枚がこれ。




線路。バランシング。水着。
何もかもが素晴らしい。
水着のパンツはB'zみたいだし。

と、線路のアイドルを取り上げてきましたが
次回のテーマは廃墟のアイドルだそうです。




何でも線路はスレンダー系、廃墟はグラマラス系のアイドルが
多いんだとか。これは気になる!

大山さんのスライドはここまでですが、
団地の本の告知がありました。

  
左:団地さん 右:団地の見究

世の中に団地のコンテンツがゼロなのに、一気に2冊。
しかもどちらも大山さん。すごいことになってますよ。




スライドが終って、次の出演者の萩原さんをなぜか電話で呼ぶことに。
「来てくれるかな」「いいともー」



【萩原さんの、よけいなこと(スライド解説)】

萩原さんがよけいなオモチャを装備して登場。



この記事でいらなくなったモノだそうです。

萩原さんは、トイレに行くたびにざんはわの石川さんと
鉢合わせしていたそうです。




自己紹介で「萩原」と「荻原」で苦労した話や
自らのスリーサイズで興奮した話などが出ました。
普段の落ち着いた記事では見られない、
萩原さんの意外な一面が面白かったです。

そんな廃墟系アイドルの荻原さんが紹介してくれるのは
ダムにまつわるよけいなもの。




ダムの上のこいのぼり。
放流時期と被るし、風が吹いていないとメザシみたいに
なるので困ると嘆いていました。




ゲートの数を見栄張るダム。
萩原さんのフォローもダムマニアにしか理解できない領域です。




橋に擬態するダム。
むしろ橋のほうがダムに憧れてるぜ。




見学できる展望台はメルヘン。
不思議の国のアリスの世界にダムがあったらこんなかも?

ダムくらい巨大建造物を造ると、お役所も浮かれるのでは?
という見解でした。




かんり萌え〜。

良いダムでもセンスが合わなかったり、後ろに露天風呂があって
盗撮と間違えられたりしそうになったりで残念な気分になるそうです。




ダムはダムらしく無骨でいてほしい。




こちらは日本一美しいダムのよけい。立ち入り禁止。
県は観光地化したいけど、管理者は事故が起きると危ない
そんな状況が生んだそうです。




このテの場所にありがちなキャラ。
この棒はよけい。

うれしいよけいとしては、ダムの放流を見られる展望台が
あるダムがあるそうです。
なんのために…。

萩原さんのスライドはここまで。
今度全国のダムマニアを集めたダムソニックという
イベントを開催するそうですよ。面白そう。


ここで一旦休憩になります。
次のページに続く。

トップに戻る

書いている人:nellis(ネリスと発音してください)
お問い合わせ先:onigiri@komekue.sakura.ne.jp
※頂いたメールは、サイトその他で本文やお名前をとりあげさせていただくこともあります。ご了承ください。

00059255